ヴィンテージマンションの税金事情

こんにちは😎

先日はじめて子供と水族館に行ってきました。

結局そんな興味を示さず・・・・

イルカぐらいかな😅

まだうちははたらく車の方が好きらしいです。

水族館も予約制みたいなので行かれる際は事前予約を忘れずに!!

※行ったのは名古屋港水族館です。

ということで本日はちょっと前にマンションの固定資産税の納付書がきたので

その話です。

まず家は築45年の中古マンションをフルリノベーションしたわけですが

面積は100平米ちょいあってマンションとしては大きいほうだと思います。

で1年間で4回分割払いなのですが土地建物合わせて1回分が3万円ぐらいでした。

まあマンション自体の税金というより土地がほとんどでしたね😅

新築の同じ面積の住宅に比べると当然安いのですが・・・

ここで中古マンションを購入される予定の方は特に注意していただきたいのが

新築じゃない限り固定資産税の軽減措置が使えないということです。

ただし中古の分固定資産の評価額は当然低くなります。

あとはこれは固定資産ではないですが新耐震基準に満たないマンションは

住宅ローンを組むと、

10年の間、所得税と住民税から住宅ローン残高の1%が控除されます。

ただ、この住宅ローン控除を利用するためには、

築25年以内(マンションの場合)

でないといけないんですね。

※築25年以上でも『耐震適合証明書』が取得できれば利用出来ます。

旧耐震マンションは取得できないケースがほとんどです。

こんなこともヴィンテージマンションといっても懸念事項かもわかりませんね。

じゃあヴィンテージマンションは買わない方がいいか?

ということも次回書いてみようと思います😁

-デザイン, 日常, 現場

Copyright© H D L , 2021 All Rights Reserved.