断熱工事 豊川 現場 熱橋

こんにちは😎

昨日豊川の市民病院の横を通ったらこんなものが出来ていました。

 

 

車の中から撮ったので見にくいですが

木下大サーカスです!!

 

豊川にきたんですね!!

 

ちょっと見に行きたい気もしますがすごい密な気もして

何となく迷うところです・・・

 

子供に見せてあげたいので行けたらいいなぁと思いながら一瞬で通り過ぎました。

 

 

そんな本日は「豊川市 I様邸」にて断熱材の工事が終わり、

綺麗に仕上がりました。

 

 

吹付断熱です。

 

 

ちなみに壁じゃない角の部分が吹き付けてありますが

これは何で吹いていると思いますか??

 

 

これは金物がついている部分で外部につながっているので熱橋の原因になります。

熱橋とは書いて字のごとく熱を伝える橋、つまり外気が伝わる部分ということになります。

 

外気側から壁体内に貫通する金物は、冷たい外気の影響を受け、結露は免れず、

断熱材を濡らし、木材を腐らせ、金物まで腐食するなど様々な問題を引き起こしてしまいます。

 

だからこそ金物部分も充填断熱をする必要があります。

 

ちなみに構造見学会など行くとそういう所を気にしている会社かどうか

分かるので気にして見てみてください!

-デザイン, 日常, 現場

Copyright© H D L , 2021 All Rights Reserved.