現場 豊川 杉板

こんばんは😎

今週から寒くなりましたので風邪をひかないようにご注意ください、

ということで本日は「豊川市 I様邸へ」

 

今回は杉の無垢の床材です。

しかも30mmの厚み!

 

厚いですね★

 

そもそも杉の30㎜って何が良いかと言うと

杉は気乾比重が木材の中でもかなり軽いことから空気をかなり含んだ材料ということが言えます。

※気乾比重とは、無垢材を乾燥させた時の重さと同じ体積の水の重さを比較した場合の値です。

気乾比重の値が大きいほど無垢材の重量が重く、小さいほど軽いといった特徴があります。

 

 

つまり柔らかく、断熱性能も高い材料だということが分かります。

それが厚ければ厚いだけ柔らかく肌触りもいいということです。

逆に薄ければ下地の硬さが伝わるのでできれば厚い方がおすすめです。

 

柔らかいと傷がつきやすいというデメリットもありますが裸足の気持ちよさはピカイチです★

 

-デザイン, 日常, 現場

Copyright© H D L , 2021 All Rights Reserved.