豊橋市 多米町 地盤調査

おはようございます😎

今週は雨が多いですが昨日、今日は晴れ😁😁

 

ということで昨日は「豊橋市 多米町の家」の地盤調査でした。

 

地盤調査前に地縄で位置を確認

 

最高の天気の中、地盤調査開始!!

 

 

今回はもともと畑の土地ということで

 

こんな黒い土が出てきました。

この黒い土のことを黒ボクと言うのですが

 

黒ボク土は、主として母材が火山灰に由来し、リン酸吸収係数が高く、容積重が小さく、軽しょうな土壌である。有機物が集積して黒い色をしていることが多く、黒くてホクホクしていることから黒ボク土と呼ばれる。

 

簡単に言うと腐植土を多く含んだ土なので畑には適していますが、土質的にはあまりよくない

ということです。

そして酸性が強い黒ボクは強アルカリの環境で固化が進むセメント系の地盤改良にはあまり向かない

(試験をして問題なければOK・ほかの地盤改良の仕方もあるので大問題というほどではありません)

ということが言えるのでちょっとだけ残念🤔

 

その地盤調査の結果を見て、第三者機関のジャパンホームシールドという

地盤算定の機関で算定してもらい保証してもらいます。

 

 

そのジャパンホームシールドでは地盤サポートマップと称して

無料で近隣地盤を調べることができます。

これから土地を考えたいという方はとくに便利なのではないでしょうか。

-デザイン, 日常, 現場

Copyright© H D L , 2022 All Rights Reserved.